大学院留学の情報はここから!

このサイトでは、初めての人向けのアメリカの大学院留学に役立つ基礎知識をご紹介しています。
どのくらいの数の大学が留学が可能なのかといったことから、大学院への留学をしている生徒数はどれぐらいいるのか、さらには米国の大学院に留学をするメリットと魅力についても扱っています。
また予め知っておきたい大学院での留学で身につく学力も触れているので、これから米国の大学院への留学を検討しているのであればチェックするのがおすすめです。

初めての人向け!アメリカの大学院留学の基礎知識

初めての人向け!アメリカの大学院留学の基礎知識 アメリカの大学院留学をしてみたいと考えている人もいるでしょう。
そのような時にまず知っておきたい知識には、アメリカの大学院に入学するには学士号やそれと同等の資格を持っている必要があるということが挙げられます。
大学院では授業を履修することと研究をすることで修士号や博士号が受けられることになります。
また日本とは違って幅広い年齢の人がいるほか、平均年齢も高い傾向にあるところも米国の大学院の特徴です。
さらに既婚者や働きながら通う人も多くいるという特徴もあります。
そして米国の大学院には、学術系と専門職系といった違いもあります。
それぞれ内容や仕組みに異なる点があるため、米国の大学院留学を希望する際には知識を得ておきましょう。

編入してアメリカの大学院留学をするメリット

編入してアメリカの大学院留学をするメリット アメリカにはたくさんの大学院を設置している大学があり、ここには多くの国から集まってきた年齢も目的もさまざまな人がたくさんいます。
そのためグローバルな経験がたくさん得られ、世界最高の水準の環境での学習で、将来世界規模で活躍できる人材となることができます。
編入で大学院へ留学するには、日本の在籍している大学と提携している大学に入学する方法がほとんどで、これには大学での成績や語学力などのレベルが一定以上は必要です。
提携していない大学の大学院への編入も可能ですがこちらもある程度の成績が必要で、大学院留学最初の一年は大学院での授業が理解できるだけの知識や語学を学び、その後本格的な授業を受けます。
アメリカの大学院には学術系と専門系の2種類があり、学術系が一般の日本の大学院で受ける内容で、専門系は医師やエンジニア、弁護士などの専門の職種を希望する人が受ける内容になります。
ただしアメリカの大学院で幅広くあらゆる分野の学習ができるのがメリットで、途中で自分が目指したいものを見つけたらその分野に進むことができます。
このように大学院留学は世界最高峰の場で自分の価値を高め、他の国の人と交流し、グローバルに活躍する人材になることができます。

アメリカで大学院留学をしたら進学できるのか

最近では世界的に見ても国際化が進んでいる影響で、日本でも国際化が進んでいる傾向にあります。そのため、このことを普段生活していて感じている方は少なくないのではないでしょうか。そのように感じている方の多くは、アメリカの大学院に留学したいと考えている方はいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、大学院に留学すると帰国した際に進学できなくなってしまうのではないかと考える方はいらっしゃるので、これからアメリカで大学院留学をしたら帰国した際にスムーズに進学することができるのかについて説明していきます。 結論を言うと、この国に大学院留学をした場合は学年が上がるときに有利になることは間違えありません。その結果、帰国した後に学年が一つ上がらないと言うことはありません。また、英語が学べることは間違えないため、行った方が良いです。近年では海外に留学をした生徒としなかった他の生徒と比べると行った生徒の方が成績が良くなることもあるため、これは良いことです。

大学院に出願した後にアメリカへ大学院留学することはできるのか

近年では専門的なことを学びたいと考えている方が多いことにより、大学院に進学する方が多くなっている傾向にあります。その結果、大学院へ進学したいと考えている方は少なくないのではないでしょうか。進学を考えている方の中には、アメリカなどの海外へ大学院留学を行いたい方はいらっしゃいます。しかし、出願を行った後に留学することはできるのか分からない方は多いです。そのような方に向けて、これから大学院に出願した後でもアメリカに大学院留学できるのかどうかについて説明していきます。 進学を行った後の進路は人それぞれなので、結論を言うとできることになります。また、大学院に進学した後に海外に留学を行い、勉強をすると身につくことが増えるため、留学をしなかった方と比べると学力に差が出ることは間違えないです。帰国した後も海外で学んだことが活かされることは間違えないです。 このようにこの国に大学院留学をすることはでき、活かされることも多いでしょう。

大学院留学でアメリカに入学する条件は何か

大学院留学で大変人気のあるアメリカの大学院ですが、入学に必要な条件も高い傾向にあります。日本の大学院と一番異なる点は、入学試験がなく全て書類選考で決まる事です。
書類は2種類で、一つは学力や英語力を示す物、もう一つは自己PRです。学力を示すものにGPAという基礎学力証明書があり、大学の成績をポイント化して、単位数をかけて総数で割ったものでTOEFLiBTとIELTSが挙げられます。大学院留学の為には3.0以上が必要ですが、足りない場合は推薦状エッセイなどで補う事も出来ます。卒業した大学で発行してもらう英文証明書でも代用が可能です。英語力の証明書としてTOEFLiBTが挙げられます。TOEFLiBTはインターネット上で受験できる英語能力の判定試験で、世界中の大学で使用出来ます。自己PRではなぜその大学院を目指すのか、キャリアとして何を目指すのか、今まで自分が何をしてきたのかなど記載します。また英文の推薦状も大切ですので、教授や社会人なら上司に書いてもらう必要があります。

アメリカの大学院留学に必要なトイックのスコアは?

アメリカの大学院留学を考えている人は、当然英語が話せないと留学することは難しいです。英語が出来るにしてもどれぐらいできたらいいのかわからない人もいることでしょう。大体大学にもよりますが、一般的にトイックで日常会話が出来るスコアが500点くらいといわれています。商社に入社している人で、新卒の平均スコアは600点だといいます。しかしこれでは不十分で最終的に800点以上を目指すのが常といわれています。
大学院留学は専門分野を突き詰めて研究する場であり、日常生活はもちろん専門用語なども巧みに話すことができないと当然留学することは不可能です。ですので商社並みの英語力は必要であり、やはり目標は800点ではないでしょうか。最低では600点は欲しい所です。後はいって覚えるのが一番でしょうが、やはり楽観的に考えると後で逆に苦労することが多いです。英語は出来すぎて困ること名ありませんので、出来るだけ留学前に勉強しておきましょう。

イギリスでの大学院留学での経験を人生の糧にするには

語学に磨きをかけたい、語学とはまた別の専門的知識を身につけたい、留学というよりむしろ遊学をして思い出深い時間を過ごしたいなど、留学の目的は人それぞれです。ただし大学院留学ともなると、高校留学と同じという訳にはいかないでしょう。大学院生であれば、今後の社会人人生のプラスになる産物が十分に得られることを頭に置いて留学を考えるべきです。
研究内容をより深める目的で有名学者の講義を受けるだけが大学院留学ではありません。学生時代最後に人間力をアップさせる目的で、それまでの研究とは全く異なる分野の課題に取り組んで没頭するのもいいでしょう。芸術や歴史はもちろん、国際色豊かな現地の人のメンタリティーに直に触れることによって、日本に居ながらにしては得ることができない経験をすることができるはずです。イギリスは英語圏内なので、語学面でのハードルが低いのが魅力ですが、ある程度の語学力は事前に身につけておくのが理想です。

イギリスに大学院留学をして修士課程を取得する人が増えている

海外に留学をしてそこで様々なことを学ぶ人が沢山いますが、最近ではイギリスに大学院留学をする人が増えていてそこで修士課程を取得することが出来るのでとても人気があります。
大学院留学をする場合には用意するものが沢山あり大変なこともありますが、それを手助けしてくれる会社もあるのでそれほど心配することはないです。しっかりと最後まで責任を持って対応してくれるので安心して任せることが出来ますし、ビザを取得するための申請代行を行っている会社もあるので安心です。料金も決まっているのでどれ位お金がかかるのか確認した上で利用するかどうか決めることが出来ますし、実際に利用した人の声を聴くことも出来るので不安に感じることは一切ないです。
大学院留学は海外で勉強をすることになるので分からないことも色々ありますが、不明な点があれば何でも相談出来る点も心強い限りです。このように今ではイギリスに大学院留学をする際に様々な会社が手助けしてもらえるので、比較的簡単に留学することが出来て大変便利です。

イギリスの大学院留学は英語が苦手でも教育を受けられる

大学院留学でイギリスを選ぶときに、英語が苦手な場合は最初から諦めてしまうことがあります。しかしイギリスへの大学院留学であれば、英語が苦手な場合でも安心して教育を受けることが可能です。1年間で修士号を取得できる特徴もありますから、短期集中で結果を残すことができます。博士号に進むこともできますから、各自の目的に合わせて勉強をしていけます。
大学院留学にはある程度の費用が必要になるので、基本的には両親などのサポートが必要です。学生ビザで現地でアルバイトをすることもできますが、基本的には学業に集中して貰うために、アルバイトできる時間に制限がありますから、大部分の費用は現地に行く前に用意しておかないといけません。大学院留学をするときに奨学金制度を利用できるケースもあるので、奨学金を利用したい場合は事前にどのようにすれば利用できるのかを把握しておくと便利です。充実した教育を受けられますから、高額な費用を負担してでも行く価値はあります。

アメリカ大学院留学で気をつけたい治安の問題

世の中がグローバル化するにつれて、海外に留学する人たちも出てきています。そのような中で、最も人気があるのはアメリカです。それは、私たちの生活が最もアメリカによって影響を受けているからです。大学の時には受験コースに乗って国内の大学に入った人たちも、海外の大学院を目指すする際にはこの国を選ぶということが多くなっています。このように大学院留学をする際には勉強する環境というのも大切なのですが、治安というのも考えておく必要があります。
諸外国に比べ、日本は治安がいい国として知られています。従って、我が国の環境に慣れた人が海外に行く際にはどうしてもこの点について配慮が至らない部分があります。海外では、私達が安全と思っているようなことでも、大きな危険を含んでいる場合が知られています。住んでいるブロックによって、安全であったりそうでなかったりします。地域的にも、安全なところのすぐ隣が大変危険なところであるということもよくあることです。大学院留学の際には、留学先の大学がどこにあるかということもあらかじめ調べておく必要があります。

アメリカに学術系の大学院留学を考えている方

アメリカというと語学系の留学をするという方が多いイメージがあるかもしれません。確かにそれはあるのですが、意外と芸術系にも大学院留学という事で向かっている日本人の方はいます。
芸術というと音楽や美術が主で、音楽に関しては比較的ヨーロッパが多くはなりますがアメリカにもあります。また学術系であれば美術系の方も人気があります。メトロポリタン美術館などもこの国にはありますし、芸術を求めている方にとっても良いでしょう。大学院留学となると、システムも色々とありますし日本の大学の単位がどうなるかというのも選ぶ大学院で変わってきます。ですからまずは情報をリサーチした上で自分のニーズに合った方法を選んでいくということが求められますし、選んでいく事になります。大学院留学も費用はかなり掛かりますが、奨学金制度であったり特待生などの制度が用意されているところもありますので、利用できるようであれば利用していく事をお勧めします。

アメリカ大学院留学後に現地で就労は可能?

アメリカの大学院に留学して卒業すると、期間限定で就労ができるOPT制度があります。アメリカにある大学もしくは大学院を卒業すれば誰でも取得できるビザです。通常ワーキングビザは専門的な知識や技術を持っていないと取得が難しく、抽選制度のため、希望しても取得できるとは限りません。一方、OPT制度は大学院に手続き窓口があり、留学生のサポートなどをしてくれます。費用は300ドルほどかかりますが、簡単に入手できます。
大学院留学すれば誰でも働くことができるのでしょうか。OPTで働く権利は得ても就労先が見つからないというケースがあります。日本のように就活がないため、自分で仕事先を探し、交渉をして雇ってもらうことが一般的です。大学院留学すれば自動的に仕事も見つかるものではないため、主体的に動かなければなりません。晴れて仕事が見つかった後も、OPTではなく雇用者がワーキングビザのスポンサーになる必要があります。ビザがないと働けないため、就職活動の時点で先を見て動くことが重要です。

アメリカへ大学院留学をしたい時に利用できる奨学金制度

アメリカへの大学院留学を希望している人は、奨学金制度を利用することもできます。こうした制度は日本国内でも公募しているので、制度を利用したい人は気軽に応募できます。大学院留学を希望している人を対象にしたさまざまな奨学金制度が日本には存在しますが、それらの制度は応募資格も異なっています。
多くのものに共通している応募資格は、4年制の大学を卒業していることです。日本の国籍を持っていることも、条件となっていることが多いです。二重国籍を持っていないことが、条件である場合もあります。英語能力のテストのスコアが応募資格になっていることも多く、一定のスコア以上の人でなければ募集に応じることができません。理系の大学と文系の大学では、必要となるスコアが違うこともあります。日本の大学の大学院修士課程または博士課程に在籍していることが条件になっていることもあり、こうしたことを全てクリアしている人だけが応募できます。

アメリカ大学院留学に入学適性試験結果は関わる?

"アメリカの大学院留学では日本のように入学適性試験結果によって合否が決まることはありません。大学によりは、GRE(GraduateRecordExamination)やGMAT(GraduateManagementAdmissionTest)と呼ばれる数学や英語の試験のスコアが必要になるケースもあります。大学院留学で必ず必要になるのは、アメリカの場合にはTOEFLのスコアです。進学したい大学院はそれぞれ求める必要スコアは異なりますが、120点満点で最低でも70点は必要でしょう。
大学院に入学するには学士号を取得していることはもちろんのこと、大学在籍中の成績を提出する必要があります。平均平均3.0以上が求められており在学中の成績が合否に影響します。推薦状や志望動機なども考慮されるほか、面接がある大学院もあるため進学したい大学院が求める書類や試験スコアなどを事前に確認しておく必要があります。必ず必要になるTOEFL対策はしっかりと行ってください。

もっと大学院留学の情報を探すなら

アメリカ 大学院 留学

新着情報

◎2022/6/15

情報を追加しました。


>アメリカ大学院留学で気をつけたい治安の問題
>アメリカに学術系の大学院留学を考えている方
>アメリカ大学院留学後に現地で就労は可能?
>アメリカへ大学院留学をしたい時に利用できる奨学金制度
>アメリカ大学院留学に入学適性試験結果は関わる?

◎2021/3/3

大学院留学は良い経験になる
の情報を更新しました。

◎2020/12/1

大学院留学で身につく学力
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

大学院留学をするメリットと魅力
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「大学院 アメリカ」
に関連するツイート
Twitter

返信先:自分も日本では学業がダメで、、、アメリカに留学して大学・大学院を卒業しました。努力は見える結果で認められ、しかも一個一個やればできる小さい積み重ねで出してくれる教育システムが自分にはあっていたと思います。

返信先:アメリカ大学院の寮の共通冷蔵庫にアブソリュートウォッカを入れていた。あるとき、ラウンジで、黒人女性が「私、この冷蔵庫にものすごくいいものがあるのを知っているのよ」とみんなに宣言して、冷蔵庫から出してきたものが、僕のアブソリュートウォッカだった、ということがある。

僕が好きな先生にカムしたのって先生に悩んでることは性別のことか?って聞かれたからだけど、なんでそんなにスっと出てきて、理解があるのか不思議だったんだよね。今日それがわかって、先生がアメリカ大学院に行って推薦文みたいなのを書いてる時に、 見た目で教授をMissって書いたら↓

今思い返せば、大学院をイギリスにしたのはブリットロックが大好きだったからだし、途上国に疲れて韓国行ったのも韓国アイドルにハマったから(黒歴史)なので、オオタニサン見るためのアメリカ移住でも全くおかしくないな私の人生

昨日の引き落としで、大学院卒業から14年払い続けた日本育英会の奨学金を完済✨ 自分が完済したので、アメリカのような奨学金の返済免除が今後適用されるのは反対です🤣🤣🤣