大学院留学の情報はここから!

アメリカの大学院留学をしている生徒数はどれぐらい?

アメリカの大学院留学をしている生徒数はどれぐらい? 日本の大学では決して学ぶことができないようなことについて更に詳しく学習していきたいと望む場合には、アメリカへ留学して希望の分野を重点的に学ぶことが一番の近道です。
近年日本でも積極的に外国へ留学しにいく生徒が増加してきており、今では大学だけにとどまらず大学院留学まで希望している生徒が増え続けています。
アメリカへ大学・大学院留学した生徒数は、世界全体でみても約109万人と圧倒的な数字を記録しており、なかでも一番多い留学生の出身国は、中国・インド・韓国・サウジアラビアなどアジア地域に偏っている傾向です。
また、留学生が多い地域を調べてみると、カリフォルニア・ニューヨーク・テキサスなど有名な地域がかりが目立ちます。
こう見ると日本人はまだまだ留学に対して消極的だと感じてしまいますが、ここ2、3年で状況は大きく変わりつつあるのです。
なぜかと言うと、2017年をさかいに日本から海外へ留学する生徒数は年々増え続けており、およそ10万人以上もの方が積極的に海を渡って学習を行っています。

アメリカ大学院留学の検討でアメリカ人の生徒数を調べておく

アメリカ大学院留学の検討でアメリカ人の生徒数を調べておく アメリカの大学院へ留学するにあたって、アメリカ人の生徒数を知りたいという方もいるでしょう。
そんな場合はインターネットを使えば簡単に各大学院の生徒数を調べることができるので、大学院留学の検討の際に参考にしてください。
大学院留学をサポートする会社のサイトにも掲載されていることがあります。
規模が大きなところもあれば、少人数制でしっかりと行うタイプなど様々ありますが、いずれにもメリットはあります。
規模が大きなところであれば、様々な人と交流することができるので、人脈形成にも役立つでしょう。
少人数制でじっくりのタイプであれば、細かいところも指導を受けられますし、生徒同士も緊密になりやすいので、留学期間を濃密に過ごすことができるはずです。
どんなタイプの大学院が向いているかは、その人の性格にもよりますので、自分がどっちのタイプが好みなのかをしっかりと考えて、ミスマッチがないように留学先を検討していってください。

新着情報

◎2022/6/15

情報を追加しました。


>アメリカ大学院留学で気をつけたい治安の問題
>アメリカに学術系の大学院留学を考えている方
>アメリカ大学院留学後に現地で就労は可能?
>アメリカへ大学院留学をしたい時に利用できる奨学金制度
>アメリカ大学院留学に入学適性試験結果は関わる?

◎2021/3/3

大学院留学は良い経験になる
の情報を更新しました。

◎2020/12/1

大学院留学で身につく学力
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

大学院留学をするメリットと魅力
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「大学院 生徒」
に関連するツイート
Twitter

返信先:

返信先:確かに、推薦決まりダラケるのもかなり話は聞きますが、推薦組の方が成績悪いと言うデータはあるのしょうか? 私は理想的には推薦、一般入試からはずれ、大学院まで希望者は全入、無償化、その代わり卒業、学年毎の試験で、基準に達しない生徒を落とすスタイルが希望です。

返信先:他1人まあ、生徒で、お金で、資格を買うってるんだと主張する人もなかには、いるからなあ。受験勉強を邪魔するなという人もいるみたい。まあ、オイラは、大学院に行ってよかったことは、判決文を読めるようになったことだ。 でも、結局、射程の変更までは、マスターできなかった。

前からちらほらいたけど、最近私の生徒のお母様(アメリカ永住権のある日本人)で大学院に行く人が激増。ある人はコロナ禍でGREがいらなくてよかったと言ってました。そのせいかどうかは謎。

8月15日(月)